中国先端テクノロジー配信メディア

AI

張一鳴(今日頭条の創立者&CEO) 講演全文:今日頭条傘下のショートムービーは毎日100億回再生されている。

投稿日:2017年11月28日 更新日:

Pocket

中国 AI 人工知能 ブロックチェーン

【要約】
・11月22日、今日頭条クリエーター大会において张一鸣は講演を行った
・AIによるコンテンツのお薦めから生まれるAIソーシャルはクリエーターの成功を後押しする
・今後、クリエーターにとって、アクセス量→ファンの数→コンテツ課金というフィルターの中で一番重要になってくるのはおそらくコンテンツ課金ではないだろうか

 

11月22日、今日頭条クリエーター大会において張一鳴は講演を行い、今日頭条傘下の全てのショートビデオは毎日100億回以上再生されていると語った。
2017年10月の時点で、今日頭条と西瓜视频、二つのプラットフォームを併せた1日あたりの再生数は30億回を超えている。これは去年から比べて170%の成長となる。同時に、今日頭条のアカウント数は120万を超え、毎日50万個のコンテンツを発表している。

張一鳴は、今日頭条は中国のAIによるお薦め機能から中国のAIソーシャル時代に向けて、”フォロワー百万人以上のクリエーターを1000人”育成する計画を示した。それに伴い、今日頭条は傘下”悟空问答”と”微头条”の力を使い、アカウントのソーシャル化を促進させ、更なるフォロワーを獲得できるようにするとした。

悟空问答も初めてとなるデータを明らかにした。現在のところ、悟空问答には1億のアカウントがあり、毎日三万個を超える質問が上がり、回答数は20万個を超え、総アクセスは2億に達する。一年間で悟空问答の契約コストは一月/一万中国元から一月/1000万中国元にまで増えた。

今日頭条の副総裁赵添は、”悟空问答”と”微头条”は今後、今日頭条の主要なプラットフォームとなり、2018年に向けて10億中国元を悟空问答に投資し、少なくとも5000人の専門家と契約を結び様々な質問へ貢献するとした。同時に、微头条に対しては400億アクセス達成のための計画を出し、毎日1億アクセスを目指し、優れたアカウントに対してのアクセス保証を行っていくとした。

張一鳴はフォロワー獲得のためのボーナスタイムについて、全てのコンテンツは、アクセス、フォロワー、課金ユーザーというフィルターを通して収益化を図るが、その中で最も価値があるのは課金ユーザーであるとした。現在、今日頭条は既に広告収入、フォロワー百万人以上のクリエーターを1000人”育成する計画、商品販売機能等の収益化機能を準備、実行している。

以下、張一鳴の講演全文。

皆さん、おはようございます。
今日頭条のクリエーターの皆さん、各メディアの方々、本日は今日頭条クリエーター大会へようこそお越しくださいました。

今回で私がクリエーター大会の壇上に上がるのは3回目となりました。2015年9月、第一回クリエーター大会においてフォロワー百万人以上のクリエーターを1000人育成する計画を発表したことを私はまだ覚えています。その時の今日頭条のアカウント総数は3.5万アカウント、毎日平均5.1億回のコンテンツ消費がありました。去年9月、私は第二回クリエーター大会において、10億中国元を今日頭条のクリエーターの皆さんへ還元すると発表しました。この時、アカウント総数は30万アカウント、毎日平均18億回のコンテンツ消費が行われていました。

今年10月、アカウント数は120万を超え、毎日平均50万のコンテンツが発表され、48億回のコンテンツ消費がなされています。

我々は非常に誇り高く宣言しましょう。この三年あまりの成長はアカウントとプラットフォームを、AIコンテンツプラットフォームに変えました。この栄誉は、全てのクリエーター一人一人に送られるものです。

今、私が全てのクリエーターと言ったのは、ビックアカウントのクリエーターの方だけではなく、アメリカやブラジル、日本、インドネシア等、中国以外の世界各国にまで散らばる1億人以上のクリエーター、そして微头条、悟空问答、抖音达人、火山小视频、内涵段子、musical.ly、topbuzz、图虫摄影师といったプラットフォームに関わる全てのクリエーターが、この栄誉を送られるべきだという意味です。
皆さんは毎日、今日頭条に連なるプラットフォームにおいて、新しい記録とイノベーション、シェアと交流を行っています。そこでは、皆さん自身が、コンテンツなのです。

もし、クリエーターの皆さんが居なければ、今日頭条もこのような成績を収められませんでした。私は厳粛な態度で、皆さんに谢谢!(ありがとう)と申し上げたいと思います。

今日は、皆さんに二つの事をシェアしたいと思います。

まず一つ目は、去年9月、我々はショートビデオは次のコンテンツ産業の先駆けとなる、今日頭条は10億中国元をショートビデオのクリエイティブサポートに使う、と言いました。それでは我々は結局どれほどの成果を上げられたのでしょうか?

そして2つ目は、クリエーターが更に多くの価値を獲得するために、今日頭条はどのようなサポートを行うことが出来るでしょうか?

 

世界規模のコンテンツプラットフォーム、ショートビデオの1日あたりの再生数は100億を超える。

去年1年間、私はここに居る皆さんがショートビデオにおけるコンテンツハリケーンを目のあたりすることになると確信していました。去年の9月、私と同僚は一体”ショートビデオ”とは何なのかという熱い議論を繰り広げていたのです。しかし、今日、ショートビデオというサーキットは既に視界がクリアとなりました。このコンテンツ産業の中で、今はもうショートビデオについての議論が行われることはないでしょう。

前回のクリエーター大会のとき、今日頭条はすでに国内最大のショートビデオプラットフォームでした。2017年、今日頭条のプラットフォームにおいて、ショートビデオのハリケーンはまだ続いています。

10億中国元、これは我々が去年承認したショートビデオクリエーターをサポートするための金額です。しかし、実際には、我々が投入した金額は既に10億中国元をはるかに超えています。よく他のプラットフォームのデータは誇張されていますので、我々は具体的な数字はお話しませんが。私は皆さんがこれからの一年で今日頭条の行動を見て感じ取って頂ければと思います。10億中国元をショートビデオコンテンツのサポートに使うというスローガンは簡単に口に出されたものではないのです。

2017年10月、今日頭条には西瓜视频の1日あたり30億回再生数という数字が加わりました。これは2017年9月の10億回という数字から比べれば200%の伸びです。

1億を超えるトピックスのうち、ユーザー平均1日あたり28トピックスのショートビデオが再生されています。これは去年9月から86.67%の伸びです。

ショートビデオは既に今日頭条ユーザーに最も好まれるコンテンツ形態となりました。数年後に振り返った時、我々はおそらくショートビデオが今日頭条ユーザーを変え、そして全てのインターネットユーザーのコンテンツ消費習慣をも変えていることを知るでしょう。

去年9月のクリエーター大会のあと、我々はショートビデオサーキットにおいて速度を上げました。2016年9月、我々は音楽ショートビデオアプリ”抖音”を発表しました。目下、抖音の1日あたり再生数は10億回に達します。9月、我々は日本においてもショートビデオアプリをリリースしました。それは現在、アメリカ、ブラジル、日本等の国々で悪くない成績を収めています。12月、ミニビデオとライブ配信アプリ”火山小视频”をリリースし、それは現在、1日あたり20億回の再生数を誇ります。今年2月、我々はアメリカのショートビデオアプリFlipagramを買収しました。6月、今日頭条傘下の独立したショートビデオアプリ”頭条视频”は”西瓜视频”へとバージョンアップしました。8月には海外製品としてTik Tokをリリース、そして今月、我々は音楽ショートビデオアプリmusical.lyの買収に成功しました。これらは全て我々のショートビデオ業務にチャンスを与え、更に大きなステージへより早く登ることを可能とするでしょう。

ショートビデオ領域における我々のこの一年のスピードアップは、現在、今日頭条とその傘下にある火山小视频、抖音短视频、musical.ly、topbuzz video等のプラットフォーム上において毎日平均100億を超える再生数を叩き出し、OGC(Occupationally Generated Content)、PGC(Professionally Generated Content)、UGC(User Generated Content)を含めたショートビデオのアップロード数2000万トピックス以上という数字を残しています。

去年我々が10億中国元のショートビデオサポート計画を発表した時、多くの同業者たちは我々がただ単に口先だけの承諾を行おうとしているのだと推測していました。しかし、実際のショートビデオ時代到来という現象を細かく眺めて見れば、我々はショートビデオクリエーターの方たちと共にそのハリケーンを巻き起こしているということが見て取れます。ショートビデオの更なる発展について、皆さんが本日、我々の執り行うパーティーに参加してくださったことを嬉しく思います。

 

AIによるコンテンツのお薦めから生まれるAIソーシャルは、クリエーターの成功をサポートする

次は、ショートビデオの今後についてお話したいと思います。我々はどのように、更に多くのクリエーターの今日頭上での成功をサポートしていくのか?

設立した日から、今日頭条は常にAIによるお薦め機能の運用を行ってきました。これは最も早く最も積極的な検索者となり、”最もユーザーを理解するプラットフォームで人と情報をリンクする”という我々の使命です。クリエーターが発表したコンテンツは、アルゴリズムによるマッチングを通して、そのコンテンツに興味を持つであろうユーザーにお薦めされます。お薦め機能は両者を結びつけるのです。長い間、我々はクリエーターとフォロワーの情報マッチング精度を高め、双方の間に橋渡しを行う試みを続けてきました。コンテンツの消費、シェア、評価とブックマークを通して、アルゴリズムはより多くのクリエーターとフォロワーを双方向なデータとして蓄積し、更なる潜在化している影響を全てのお薦め機能システムの運用に活かす実践を行っています。そして、それは更なる高精度のお薦め機能を実現させます。

そして今後、我々は、AIが分散させるコンテンツを消費する時代から、AIによる分散とフォロワーによる分散が混ざりあった”AIソーシャル”時代へと突き進んでいきます。これもまた、ソーシャルメディアの2.0時代だと我々は確信しています。それは、AIによるお薦め機能を通したより効率的なフォロワー獲得を実現させるでしょう。

現在、一部のクリエーターのアカウントにはフォロワーの蓄積とそのフォロワーからの巨大な影響が見て取れます。私はこれから、クリエーターとフォロワーに実際に起こった幾つかのお話しを皆さんにシェアしたいと思います。

 

坤哥玩花卉:10万再生から10万元の売上

去年の大会で、私は皆さんに坤哥玩花卉というアカウントをご紹介しました。彼は植物についてビデオを作るクリエーターです。つまり、彼のフォロワーは、植物や草花、ガーデニングなどの愛好者だと推測できます。コンテンツ分散の精度向上により、ビデオの再生回数が10万回を超えることもしばしばあり、この10万回という数字は業界内で一種の人気のバロメーターでもあります。今年、彼は更なる一歩を踏み出しました。彼はeコマースの領域に進出し、ビデオを通してネットショップへアクセスしてもらい、その毎月の売上高が10万中国元に達したのです。彼は40万に及ぶ関心度の高いフォロワー基盤を通し、10万回の再生から10万中国元の売上を生み出しました。コンテンツは、フォロワーをネットショップの顧客へ変えてみせたのです。

 

清晨录音棚:フォロワーから顧客へ

清晨录音棚は一つの音楽ビデオのアカウントです。同時に、それは中国上海にある一つの録音スタジオでもあり、一般人に対して録音とミュージックビデオ作成のサービスを行っています。最初はただ単に顧客の要望を叶えるために彼らは作成したミュージックビデオをアカウント上にアップロードしていました。彼らが予想外だったのは、それらのコンテンツが大きな人気を呼び、一般人の歌う姿を収めたビデオをユーザーが好んで見ているという事実です。更に予想外だったのは、非常に多くのユーザーが、彼らのビデオを見た後、そのアカウントを通して電話をして、上海まで来て録音をするということでした。アカウントのフォロワーが実際の顧客となったのです。彼ら曰く、アカウント作成後、録音サービスの商売は2倍となったそうです。

 

耳科趙医師:フォロワーから患者へ

耳科の趙医師は、100万人のフォロワーを抱えた一つの有名な今日頭条アカウントです。彼は三甲医院の耳科医師であり、今日頭条において耳科の知識と治療についてのビデオを公開しています。アカウントが有名になるにつれ、彼のもとを訪れる患者の数も増えていきました。彼曰く、診察にやってくる患者の内、その半分以上が彼のアカウントのフォロワーなのだそうです。これもまた、コンテンツを通して獲得したフォロワーがその後も価値を生み続ける例となります。

 

欢子TV:月給3100中国元から、年收50万中国元のショートビデオの人気者へ

欢子TVは、農村・農業・農民といった内容を取り扱う今日頭条アカウントです。クリエーターの欢子は中国貴州省の辺鄙な所にあるミャオ族の村の出身でした。彼は一年前まで、中国広州にあるデパートの警備員をしていました。
彼はそこで8年間、働いていたそうです。その最高月給は3100中国元でした。ショートビデオに出会った後、彼は仕事を辞めて中国貴州省の実家に戻り、ミャオ族の農村の風土と人情をビデオに収めました。それはアカウント上に多くの農民工(農村から都市へ出稼ぎに出ている者たち)の共感や支持を集め、そして都市部の人間の農村への興味を刺激しました。
欢子TVの最も多く視聴されたビデオは700万回の再生数、3万回のシェアという数字を残しています。ある一人のフォロワーは彼のビデオを見た後、4000元を彼に送りました。これはそのフォロワーのコメントです。「君のビデオを見て、母さんを思い出したんだ。」
現在、彼のアカウントには60万のフォロワーが居て、その年収は50万元に達します。

これらは数あるアカウントの、ほんの4つの例に過ぎません。私は、こういった例は他にもたくさんあると考えています。

フォロワー百万人以上のクリエーターを1000人育成する計画は、全ての人にビックアカウントとなるチャンスを与える。

今日頭条にあるアカウントは、一つの専門的なコンテンツプラットフォームであり、全てのクリエーターが、フォロワーを増やしたいという強烈な願望を持っています。我々は、更に多くのクリエーターに更に多くのフォロワーを獲得してもらえるよう、去年一年間で、以下の二つの、AIによる新しいソーシャル体勢を通した、幾つかの試みを行いました。
それは、傘下の”悟空問答”における質問ビデオの連携と、同じく傘下の”微头条”におけるアカウントのコンテンツ公開とソーシャルの連携体系です。

現在、一億におよぶアカウントが毎日コンテンツの公開と消費を行っています。それは既にフォロワーを獲得し、そしてまた別のアカウントのフォロワーとなるという体系を作り出しました。これにより、今日頭条は、写真、文章、ショートビデオ、質問等の全てのコンテンツを一つに集合させる、全ての人が全てのフォロワーとなれる、スーパープラットフォームを築き上げました。

AIとアルゴリズムは、クリエーターがフォロワー獲得にかけるコストを下げ、ユーザーのアクティブ率向上を促すことを我々は発見しました。お薦め機能を通したコンテンツ分散の最適化はより多くのフォロワーを獲得します。精度の高いお薦め機能により質のいいコンテンツが流れてくれば、ユーザーもより効率的にフォロワーへと姿を変えます。このお薦め機能により、クリエーターはより多くの時間を質の良いコンテンツへ注ぐことが可能になります。良いコンテンツを作るだけで、あとはAIとアルゴリズムがコンテンツお薦め機能により、より多くのユーザーがそのコンテンツを見る機会を作り出します。そうして蓄積されたフォロワーは、人気アカウントになるまでの道のりを大幅に縮小させ、すべての人に人気アカウントになるチャンスを与えるのです。

AIソーシャルのお薦め機能は、更に多くのアカウントにフォロワー獲得の手助けを行います。これからの1年、今日頭条は、1000人のクリエーターに100万人のフォロワーが付くようサポートを行います。

プラットフォームのフォロワーへのアプローチは、既に申し分ない状態だと我々は認識しています。しかし、今日頭条におけるフォロワー獲得についてのボーナスタイムはまだ始まったばかりでしょう。アルゴリズムをもとに、今日頭条は更に多くのクリエーターへ、より早い、より良質な、フォロワーの獲得と蓄積を可能にする手助けを行います。

 

AIソーシャルのお薦め機能のもと、コンテンツの収益化は変化する

現在、全てのクリエーターは、アクセス量→フォロワー数→コンテツ課金というフィルターを通して、自分に対してより関心度の高いファンを見つけ出すことが可能です。コンテンツ公開のあと、クリエーターはまずアクセス量を獲得します。そしてそれは潜在的なフォロワーを生み出すでしょう。そして、更にコンテンツとクリエーターへ高い関心をもったユーザーは、定期的なフォローを通して蓄積されたフォロワーへと姿を変えます。最後に、彼らがより大きな信頼をクリエーターへ向けた時、それは課金を厭わないフォロワーとなり、課金ユーザーへ姿を変えるでしょう。

コンテンツ収益化のフィルターの中で、全てのフィルターはこのように成り立っています。アクセス量が生む広告収入とプラットフォーム手当という2つの方式。フォロワーからのビジネスへの橋渡し、eコマースへの誘導という2つの形式。そして、より多くのフォロワーが居れば、ユーザーはこのフィルターへと入っていきます。フォロワーがクリエーターの顧客へと変わるのです。eコマース、ライブ配信の課金ユーザー、コンテンツ課金等の幾つかの形式です。アクセス量とフォロワー数を収益化するフィルターに対して、今日頭条は以前から幾つかの試みを行っています。例えば再生数に対する広告収入、1000人のクリエーターへ100万人のフォロワーが付くようサポートすること、商品販売機能等がそうです。

当然、アクセス量→フォロワー数→課金ユーザー数という数字は、右に行くに連れ次第に少なくなっていくものです。しかし、課金ユーザーこそが、収益化フィルターの中で最も価値のある部分ではないでしょうか。コンテンツ課金、それは今年から準備した収益化の方式です。我々は、コンテンツ課金に対して非常に明るい展望を持っています。今日頭条は、これからも、コンテンツ課金の領域へトライアルを行っていきます。

これからの1年、今日頭条は、クリエーターの皆さんがフォロワーを獲得するだけではなく、より多くの収益化フィルターを使用できるようにサポートしていきます。
皆さんも、より多くのコンテツを作り上げ、より多くのフォロワーを獲得してください。

谢谢(ありがとうございました)。

 

翻訳元:http://tech.qq.com/a/20171122/018251.htm

Pocket

-AI

執筆者:

関連記事

中国 AI 人工知能 ブロックチェーン

アリババクラウド・インダストリアルのAI応用シーン

【要約】 ・アリババクラウドET工業ブレインは、中国が推し進める工業プラットフォームとしての役割を担う ・今後、500社にのぼる大手製造業に対してサービスを提供する目標 ・中国制造業2025戦略に向け …

中国 AI 人工知能 ブロックチェーン

中国国家が人工知能プロジェクトを発足する時代に突入、巨大企業が兆単位の膨大市場を奪い合う

【要約】 2018年までに、世界の人工知能の市場規が2000億ドル以上だと予想され、超大手企業が1兆人民元を超える市場で争奪戦を繰り広げ、人工知能が国家駆動の時代に入った。2017年7月20日、中国国 …

中国 AI 人工知能 ブロックチェーン

“All in AI”、バイドゥ(Baidu)はAI製品立ち上げに忙しい。加速するスマートスピーカーや自動運転への動き。

【要約】 ・2017年百度世界大会が11月16日に開かれた ・BAIDUがスマートスピーカーravenHを発表 ・BAIDUは自動運転バスの小規模生産とテスト運用を2018年に前倒し 11月16日、中 …

中国 AI 人工知能 ブロックチェーン

BATのAI競争、すべての利用シーンを抑えた者が勝つか?百度,阿里巴巴,騰訊

【要約】 ・自社の事業とAIを結合させたほうが有利ではある。 ・アリババは新しい販売形態、テンセントは利用シーンの拡大、バイドゥは家の中から外へ出かけるまで。 それらの領域で各社が発展していく ・バイ …

中国 AI 人工知能

年間販売台数3000万台の見込み。阿里巴巴や百度らの巨大投資でAIスピーカーの競争が激化へ

【要約】 2017年はいわゆる中国のAIスピーカー元年、来年度倍以上の成長が見込まれている 。 AIスピーカーの裏には激しいIOT競争となっている。     産業プラットフォーム開 …