中国先端テクノロジー配信メディア

AI

烏鎮での2017第4回世界インターネット大会。Huawei,ハイアール,テンセントらがAIについて語る

投稿日:2017年12月9日 更新日:

Pocket

中国 AI 人工知能 ブロックチェーン

【要約】
2017第4回世界インターネット大会が12月3日から5日にかけて、中国浙江省烏鎮で開催され、大会のテーマは「デジタル経済を発展、開放・共有を促進――共同でサイバースペース運命共同体を構築」となった。 人工知能セッション「人工知能:よりよい生活を」において、ヨーロッパ科学院のハンス・ウスケル氏やPrivacyShellとTODAグループCEOのトフィー·サリバ氏、ファーウェイ今週マー業務CEO余承東氏、ハイアールグループ副総裁趙峰氏、テンセントグループ副総裁湯道生氏、Sohu CEOの王小川氏などが「人工知能の技術と産業』について、それぞれの論点を語った。

 

 

丁磊:人工知能は全ての業界にとって、「標準装備」となるべし



 124日夜、網易(NTES)ニュース、網易科技と網易華東が共同で主催した「2017網易未来科学技術サミット烏鎮フォーラム」にて、網易社創始者兼CEOの丁磊氏が動画で挨拶し、人工知能が全ての業界にとって、「標準装備」となるべきと表明した。

 

  丁磊氏がどんな業界でも、人工知能を利用できると述べた。この2年間、技術自体が十分進んできたが、それぞれの利用シーンに適用させ、最終的に生産効率を向上させる必要があると語った。そのため、丁磊氏のアドバイスとして、どんな業界の会社社長や責任者でも、人工知能が自社のおける業界への影響を無視せず、注目する必要があると強調した。

 

 

 

ティム・クック氏:機械が人間のように思考することより、人間が機械のように思考することこそが不安

 

123日、アップル社CEOのティムクック氏が世界インターネット大会烏鎮サミットに出席し、開会式において、人工知能などの最先端技術について語った、ティムクック氏は技術自体に善し悪しがなく、人工知能が世界をもっと美しくしていくだろうと述べた。

昨今話題となっている人工知能の負の影響について、クック氏は機械が人間のように思考することより、人間が機械のように思考することこそが不安だと答えた。そのために、技術に人間性を注入し、技術にあるべき価値を付与する必要があると述べた。

 

 

 

サンダーピチャイ氏AlphaGoが引退したが、学生達に囲碁を教えることができる

 

123日、グーグルのCEOグーグルサンダーピチャイ氏(Sundar Pichai)は世界インターネット大会烏鎮サミットに出席し、AlphaGoが既に引退したが、囲碁の教育に大きな役割を果たせると述べた。

  一方、DeepMindAlphaGoをベースにした囲碁の教育ツールを発明することになり、まもなくDeepMindサイトから無料でダウンロードでき、誰でも利用して、Alpha Goから囲碁を学ぶことができる。

 

 

 

李彦宏:人工知能はいつまでも人間の能力を超えることができない

 

124日、第4回世界インターネット大会人工知能フォーラムが烏鎮の枕水ホールで行われ、バイドウCEOの李彦宏氏は人工知能フォーラムでバイドウの自動運転を披露し、また人工知能がいつまでも人間の能力を超えることができないと述べた、人工知能が人間の能力に近づいたとき、それぞれの業界が既に覆された。

 将来運転手の仕事が自動運転に代えられたとき、そのおかげで、運転手が命を落してしまうこともなく、車の中でお酒を飲んでも平気で、自動運転は飲酒運転とならないからと李彦宏氏が話した。

 

 

 

ジャックマーAIに仕事が奪われることを不安するより、技術を活用して、新しい課題を対策する

 

123日に開催された第4回世界インターネット大会の開会式に、アリババグループ取締役会長のジャックマー氏が講演で、人間が自分の脳への認識は10%にも足らず、その10%で作り出した機械は、人間を超えられないだろうと述べた。さらに、ジャックマー氏は、新しい技術に仕事が奪われることを不安するより、技術を活用して、新しい課題を対策して、機器は人間の仕事をもっと価値のある、尊厳のあるものにしてくれると語った。

 

楊元慶:私は常にAIを脅威ではなく、人間の拡張版だと見ている

 

124日烏鎮で開催された世界インターネット大会人工知能フォーラムにて、レノボCEO楊元慶氏は、人工知能(Artificial Intelligence)という呼び方は誤解を招きやすい、仕事がAIに奪われるのではないかの不安を煽っている、拡張知能(Augmented Intelligence)が正しい呼び方だと楊元慶氏が話した

楊元慶氏はさらに、インターネットがデジタル時代の副産物であり、未来はインテリジェント化時代となり、インターネットをベースにしたものだが、確実にインターネットとデジタル化時代を超えると語った。

 

 

 

雷軍我々はAIに立ち向かって挑戦すべき、次世代スマホにAI技術を搭載

 

124日、第4回世界インターネット大会人工知能フォーラム烏鎮で行われ、XIAOMI社CEOの雷軍氏が講演で、XIAOMI来年度に、次世代のフラッグシップスマートフォンを出すこと明らかにした

 

今多くの企業家が、人工知能がもたらしてきたチャレンジに焦っているが、XIAOMIは人工知能がありがたいものだと考えている。XIAOMIが人工知能において、3つの強みを持っている、すなわち、ハードウェア製品能力、ビッグデータ取得能力、エコシステムでの深い取り組みである、2018年からXIAOMIがもっと深いレベルまで、スマートフォンにAI技術を搭載する方針を雷軍氏が表明した。

 

 

 

沈向洋:機械は5年以内に人間の音声認識能力を超え、10年内に人間の視覚を超える

 

124日夜、網易(NTES)ニュース、網易科技と網易華東が共同で主催した「2017網易未来科学技術サミット烏鎮フォーラム」にて、全米技術アカデミー会員ACM / IEEE Fellow兼マイクロソフトグローバル副総裁の沈向洋氏が基調講演を行った。

 

沈向洋氏は、現在の人工知能がまだ人間の5歳のレベルまでしか届いてないが、その感知能力が急速な成長を遂げ、機械音声認識能力が間違いなく5年以内に人間を超え、視覚能力が10年以内に人間を超えるだとうと語った。

 

并且,沈向洋认为是三个方面的原因,今天的人工智能大家得非常有希望:第一个原因,就是数据量的增加;第二个原因,是运算能力的急增加;第三个原因,机器学等技可以用了。さらに、沈向洋氏が3つの理由で、今日の人工知能が期待されていると述べた。1つの理由はデータ量の急増で、2つ目は、処理能力の急速な増強であり、3つ目の理由は深層学習などの技術が着実に応用されたことである。

 

 

 

呉恩達:企業はAI技術を企業文化に溶け込むべき

 

124日、第4回世界インターネット大会人工知能フォーラムが烏鎮で開催された、人工知能フォーラムにおいて、スタンフォード大学コンピュータ学部教授Coursera創始者兼会長の呉恩達氏がAIのビジョンについての展望を語った。

 

呉恩達氏は、将来、政府や企業の責任者が人工知能の分野において、重要な役割を果すことになり、その有能な監督管理が、AIをより良い発展を促進できる。企業の責任者にとって、より多くのAI技術を企業文化の中に溶け込んで、AIに支えられる未来を創りだすべきだと述べた。

 

 

 

倪光南:人工知能は人間により作り出されたもので、人間のために奉仕させるべき

 

123日、第4回世界インターネット大会開会式が烏鎮で行われ、会場、中国工程院(中国技術アカデミー)会員の倪光南氏が網易知能の取材に対して、デジタル経済と人工知能につての見方を述べた。

 

倪光南氏は、中国は既にネットワークの大国となったが、ネットワーク強国の目標がまだほど遠い、例えばネットワークの共同構築、セキュリティなどの課題があり、関連法律規定のレベルアップが求められていると話した。

 

また人工知能について、AIが今後非常に重要な成長方向とし、何を生み出してくれるを予想しにくいが、重大な影響が与えられるのは間違いがない、将来人工知能とうまく付き合い、重複な単純労働を人工知能に任せ、人間がもっと創造力のある仕事に注力すべきだと倪光南氏が語った。

 

 

 

孫丕恕:人工知能はトレンドだ、着実に進んで、誰も止めることはできない

 

123日に開催された第4回世界インターネット大会の会期中、浪潮グループ(Inspur Group)会長兼CEOの孫丕恕氏が烏鎮で網易科技の取材を受けて、人工知能はトレンドだ、着実に進んで、誰も止めることはできないと語った。

 

丕恕氏は、実体経済にクラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能の翼をつけたら、デジタル経済全体がようやく完全な形を成してくると語った、全ての企業、それぞれの個人、全ての政府が、人工知能を活用して、事業の成長を促進すべきである、それは頭脳を構築することになり、人工知能も「占い師」を代えて、予測してくれる。

 

 

石峰:Facebook上のコンテンツは自動翻訳可能


12
4日、第4回世界インターネット大会人工知能フォーラムが烏鎮で行われ、Facebookグローバル副総裁の石峰氏(中国語名)が講演で、Facebook上のコンテンツは自動翻訳可能で、1日で40億回を超えたこともあると話した。

 

石峰氏は、AIが今回展示された全ての製品に組み込まれて、今後我々の生活の中で最も重要な技術となり、また、最も重要な長期的に変化をもたらす技術でもあると述べた。過去Facebookが主に3つの分野において、人工知能の進歩を遂げた。すなわち人間と人工知能との接続、いかに組み込んで管理すること、およびイノベーションな方法と製品の進歩である。

 

 

 

傅盛:人間に時間の余裕を持たせて、仕事をロボットに任せろう

 

124日に開催された世界イターネット大会における「ビッグコネクションの時代:イノベーション・知能・変革」セッションで、狩豹(Cheetah Mobile)CEOの傅盛氏はパネルセッションにおいて、人間にもっと時間的な余裕を持たせて、ロボットに人間の仕事を手伝ってもらおうと語った。

 

傅盛氏は、データ化とビッグコネクションは多くの業界に10倍成長のチャンスを与えて、強力なAI接続が至る所にあると話した。さらに、AIは頭脳と情報との接続で、人間の頭脳、趣味、特徴、習慣を含むすべてのデータが、スーパーブレーンにより処理され、暮らしがもっと豊かに、楽にさせると語った。

 

 

 

王小川:AIが認識、生成と意思決定に新しいパワーを与えられる

 

124日。烏鎮で開催された世界インターネット大会の人工知能オーラムにおいて、検索エンジン大手捜狗(SogouCEOの王小川氏は、AIが認識、生成と意思決定に新しいパワーを与えられると表明した。

 

王小川は、接続の従来の定義は人間、取引とサービスとの接続となり、現在はすでに十分である。次のステップでは。人工知能技術の出番になると述べた、今回のフォーラムで、Sogouは読唇術の言語認識商品をもってきた、画像を文字に変換でき、ビッグコレクション時代に新しいチャンスを与えてくれた。

翻訳元:http://tech.163.com/17/120

Pocket

-AI

執筆者:

関連記事

中国 AI 人工知能 ブロックチェーン

張一鳴(今日頭条の創立者&CEO) 講演全文:今日頭条傘下のショートムービーは毎日100億回再生されている。

【要約】 ・11月22日、今日頭条クリエーター大会において张一鸣は講演を行った ・AIによるコンテンツのお薦めから生まれるAIソーシャルはクリエーターの成功を後押しする ・今後、クリエーターにとって、 …

中国 AI 人工知能

暮らしの中に入る人工知能:テンセントの知られていない技術とは。テンセントのAI事業への驚異的な投資。

【要約】 この2年のテンセントAI投資に注目すべき、AI IN ALLとの全社戦略はかなり浸透している、 テンセントの様々なAI関連技術と製品を一挙紹介。   テンセントユーザー公開日 12 …

中国 AI 人工知能

モノのインターネット,IoT+AIは百度(バイドゥ)と小米(XIAOMI)を繋いだ

【要約】 バイドゥとXIAOMIが、”IoT”と”AI”の領域で提携を結んだことが明らかになりました。 スマートフォンを中心とした中国IoTを代表するX …

中国 AI ブロックチェーン

百度がインターネット教育の千億人民元市場に食い込み、人工知能に賭ける

【要約】 2年前から教育事業に参入したバイドウは、教育コンテンツ豊富な伝統的な教育企業、及び新技術を活用した新興企業との激しい競争に直面している、プラットフォームとAI技術を誇るバイドウは、教育業界の …

中国 AI 人工知能 ブロックチェーン

中国AI企業『今日頭条』の新しいマーケティングシステム。AIがショートビデオの改革を促進させる。

【要約】 ・10月17日のROIフェスティバルにおいて、今日頭条コマーシャルプロダクト副総裁の刘思齐は講演を行い、他企業の人間たちともディスカッションを行った ・今後、ショートムービーはモバイルマーケ …