中国先端テクノロジー配信メディア

Blockchain

仮想通貨取引所 Binance(バイナンス)の美人CMO『何一』氏の経歴

投稿日:2017年8月10日 更新日:

Pocket

Binance バイナンス

 一下科技(YIXIA)の副総裁の何一氏は、一下科技(「秒拍」、「小咖秀」、「一直播」の運営会社)を退職して、ビットコイン関連企業Binance(バイナンス)に加盟して、CMO&共同創始者兼取締役に就任したことを公表した。

 一下科技を退職した理由について、何一氏はこう語った。
「30歳の時に死んだ人もいる」という言葉があるが、死ぬか死なないかより、平坦な人生を送り、ずっと遠い先まで見える道を歩みたい人もいるし。

 起伏が激しい、波乱万丈な人生を送りたい人もいる。人はそれぞれの好みがあるが、最も大切なことは、あなたが選択の資格を持っていることである。

 「そして、30歳になる前に、私は一下科技を辞めることを選んだ。」

 何一氏がビットコイン関連会社Binance(バイナンス)に加盟する前に、複数の有名企業を経験したことがある。

2012年に「旅行テレビ」に入り、「美しい目的地」、「行けるところまで行く」のMCを担当した。
2014年にフィンテック業界に入り、共同創業者としてOKCoinに加入した。
2015年末に時価総額200億人民元の一下科技に加盟して、副総裁を就任し、一下科技及び傘下商品マーケティングを担当した。

 以下は一下科技副総裁何一氏の退職声明となる。

 30歳になる前に再出発!

 「あなたはどのように複数の分野で成功を遂げたか」とよく聞かれることがあるが、私は自分が成功したとは思っていない。 私よりも成功した若い創業者達が多数いて、彼らは私よりずっと眩しかったが、あえて成功したと言えば、私はただ何度か厳しい試練を乗り越えて、成功した経験があるだけである。

 私はチームを率いて、城を攻めるのが好きで、勝利して祝杯を上げる瞬間が好きで、部下が成長して、一人前になるが好きで、こんなことで喜びを感じられる。

 人間のIQにはそんなに差はなく、より多く学び、より多くやってみて、時間の経過とともに、いつの間にか人より多く理解できるようになるだろう。

 恋愛のことも仕事のことも全力投球、限界まで頑張れば、人生を最高に楽しむことができるだろう。そして年を取って、体が弱くなったとき、躊躇したことで後悔することがない、愛すべきときに愛し、恨むべきときに恨み、それこそ悔いのない人生を送れるだろう。

 「30歳の時に死んだ人もいる」という言葉があるが、死ぬか死なないかより、平坦な人生を送り、ずっと遠い先まで見える道を歩みたい人もいるし、起伏が激しい、波乱万丈な人生を送りたい人もいる。人はそれぞれの好みがあるが、最も大切なことは、あなたが選択の資格を持っていることである。

 「そして、30歳になる前に、私は一下科技を辞めることを選んだ。」

 一下科技は既に中国モバイル動画領域において、最も成功している会社とも言える。将来、一下科技は「秒拍」、「小咖秀」、「一直播」などのサービスで、業界により良い商品とより良いユーザー体験を届けて、私も引き続き一下科技を応援していく。

 一下科技創始者の韓坤先生は、私がとても尊敬している方であるため、我々は彼のことを「ボス」と呼んでいる。「ボス」は私の心には「シンプル・ボイ」のような存在で、素朴な人にとっては、ラーメン一杯で解決できない問題がない、もしあるとすれば、もう一杯追加すればいい。

 しかしこのシンプル・ボイには、普通の人でなかなか持っていない戦略的なビジョンを持っている、彼は「駅長時代」から「酷6」まで、さらに「一下科技」まで、勝ち続けてきた。まさに私がしばしば言った「人が1回成功するのは偶然だが、3回以上成功するなら、必然な要因がある」。

 一下科技にいた1年8ヶ月で、私がボスから企業家としての素質――根性を身につけられた。

 私はインターネット業界に入ったときから、デジタル資産業界に足を踏み入れた。何度もビットコインのために呼びかけて、ビットコインのプロモーションと利用を自分の使命としていたため、仮想通貨関係の方々から「お姉様」と呼ばれるようになった。

 私がデジタル資産業界を離れた短い間に、デジタル資産業界において、取引から利用までの展開が繰り広げられた:日本政府はビットコインを法的支払い方法として正式に認定しただけでなく、ビットコイン取引所に新しい消費者保護と監査基準を導入した。オーストラリア証券取引所は清算決済システムの代わりにブロックチェーンを使用することを検討しており、イーサリアムはブロックチェーン上でインテリジェント契約とオープンソースの下位層システムを実現しており、既存のICOはチタンメディアのヘッドラインとなってきた。

 この世界は、あなたが思ったよりもずっとクレイジーである。サイエンスフィクション映画よりもサイエンスフィクションで、クライマックスはクレイジーな人たちのものであり、私はその一員にすぎない。 私も戦場に戻って、バイナンスに加盟して、自分の使命に果たしたい、リセットして、ゼロからスタートする覚悟である。

 最後に、インターネット業界、メディア関係、ファッション関係、エンターテインメント関係、キャピタル関係の友人からの応援を深く感謝したい!過去2年近く、一下科技チームの同僚達のご支援を感謝したい!最も感謝したいのはボスの信頼である。青い山も変わらず、青い水も長く流れる、またどこかで会おう。

翻訳元:http://industry.caijing.com.cn/20170810/4314385.shtml  2017-08-10

Pocket

-Blockchain

執筆者:

関連記事

中国 AI 人工知能 ブロックチェーン

世界規模ヘッジファンドであるクォンタム・ファンドの首席研究員:姜罗罗博士『デジタルマネーは若者にとっての希望となる』

【要約】 ・クオンタムファンド研究員、温州大学副教授の姜罗罗がデジタルマネーについて書いた記事 ・デジタルマネーの出現もまた貧富の差を広げるだろうが、それはまた若者に経済的自由を手に入れるチャンスを与 …

中国 AI ブロックチェーン

烏鎮インターネット大会:アリババ螞蟻金融サービス・ブロックチェーンの成果

【要約】 螞蟻金融サービスはブロックチェーンによって世界で初めての与信管理システムを開発した。 12月3日の午前中、第四回世界インターネット大会が中国浙江省烏鎮にて開かれた。 今年は、世界から1500 …

Binance バイナンス

デジタル資産取引プラットフォーム「Binance(バイナンス)」が1千万ドルのエンジェルラウンド融資を受けた

今日、ブロックチェーン会社のBinance(バイナンス)が泛城資本(ファンシティ・キャピタル)と黒洞資本(ブラックホール・キャピタル)から1千万ドルのエンジェル融資を受けたことが確認された。泛城資本は …

tron trx

TRON(TRX)は次世代のアリババになりえるか。創業者ジャスティン(孙宇晨)は元リップル中華地区首席代表

創業迄の背景 アルゴリズム 今後の計画 時価総額 創業者Justin Sun(孙宇晨)とは? 創業迄の背景 まずは暗号通貨TRON(TRX)のホワイトペーパーから、その開発迄の背景を見てみます。 ホワ …

Binance バイナンス

Binance(バイナンス)に1千万ドルのエンジェル融資

テンセントテックニュース(張帆記者)9月1日、ブロックチェーン会社Binance(バイナンス)は泛城資本(ファンシティ・キャピタル)と黒洞資本(ブラックホール・キャピタル)から1千万ドルのエンジェル融 …