中国先端テクノロジー配信メディア

Inbound

やってはいけない中華人対応。中華人ががっかりした日本旅行体験まとめ

投稿日:

Pocket

円安元高の追い風に乗って年々増え続ける中華圏(中国、台湾、香港、シンガポール)からの観光客。これから春節(旧正月)の時期を迎え、この数はますます増加すると期待されています。 観光地や商業界にとって大きなビッグチャンスであると共に、やはり気をつけるべき部分もあります。今日は「中華人ががっかりした日本旅行体験」についてまとめてみました。失敗から学べることもたくさんあるかと思います。

実は不便なwifi

「テクノロジー大国日本」というイメージで来日する中華人観光客がまず直面するのが以外にもこの問題です。「Free WiFiをもっと使えるようにしてほしい」といった意見をはじめ、大方の人が日本のWiFi環境の悪さに不満を抱いたようです。(http://jp.hjenglish.com/ribenlvyou/p701857/)実際中国では、小さな店舗をはじめどこでも「wifiありますか?」と聞くと個人wifiのパスワードを教えてくれます。微博(中国版ツィッター)や微信(中国版LINE)で連絡を取り合い、日頃行った場所や食べたものを紹介しあっている中国人にとって、旅先でのwifiの有無は大事な問題です。また現在これらSNSのクチコミ力は観光地にとっても大きな意味を持ちます。こんな例があります。あるジャーナリストが日本の田舎に行き、飛行機の待ち時間に立ち寄った喫茶店でコーヒーを飲みながら撮った海の写真を微博にアップしたところ、中国本土から「これはどこか?日本に行ったらぜひ立ち寄りたい」という問い合わせが1時間で10数件も来たそうです。wifi環境の整備は観光地にとってまさに急務の課題であると言えるでしょう。

wi-fi

ゴミ箱と分別

日本に来る中華人の多くが感じるのが「日本は清潔」である、という点です。彼らは一様に「ゴミ箱を見かけることはほとんど無いのにゴミが落ちていない」ことに感銘を受けるのですが、逆にゴミ箱が無いおかげで「飲み食いした後の容器を捨てるのに苦労した。」という意見や、「やっと見つけたゴミ箱も分別して捨てなければならず、どうして良いのか分からなかった。」などといった意見がありました。(http://www.togenkyo.net/modules/tourist/31.html)街のあちこちにゴミ箱が設置してあり、また地域によってはまだ「ポイ捨て」が主流である中国からやってくる観光客にとって、この点は羨ましくもあり、不便でもあるようです。中華人観光客を誘致したい観光地にとって、こうした点への配慮も必要かもしれません。

ゴミ分別

温泉

日本に来る外国人観光客にとって、温泉は目玉の一つです。これは浴槽につかる習慣のない中華人にとっても同じです。皆さん「ぜひ体験したい」という思いは強いようなのですが、温泉文化のない彼らにとって、同性同士であっても裸で入るのはかなり抵抗があります。当然入り方も知りませんのでつい躊躇してしまうようです。(http://www.togenkyo.net/modules/tourist/91.html)また仮に勇気を奮って入ったとしても、今度は洗い場や脱衣場におばさんが入ってきて清掃をするのに相当びっくりするようです。日本人にとっては当たり前の光景なのですが、こうした文化のない人たちにとって「とても興味があるのに入れない」という状況はとても残念なものです。そのため、観光地によっては専用のガウンを準備しているところもあるようです。こうした配慮を中国国内の旅行記サイトに紹介している人もいます。観光地のほとんどに温泉がある日本にとって一考に値する点だと思います。

温泉

銀聯カード

これは中国国内の銀行を結ぶ中国特有の決済ネットワークで、支払い機能のついたキャッシュカード(デビッドカードのようなもの)です。中国には海外への外貨持ち出し制限があるため、観光客が旅先でキャッシュレスで支払えるカード決済のニーズはとても高いものがあります。しかも中国では一般的に、クレジットカードの限度額が低く設定されているため、銀行口座に残高がありさえすれば買い物ができる銀聯カードの方が好まれるのです。しかし日本ではこのカードの扱いがない店舗もまだまだ多いと思います。これからいかに取扱店の数を増加させていくかが中華人観光客誘致と売り上げ増加に直結するカギになりそうです。

カード

内向的日本人の傾向

単一民族国家である日本の特徴なのでしょうが、内向的な日本人にとって「外国人とコミュニケーションを取る」という行為はとても難しく、つい敬遠してしまう傾向があります。でもそれが時として問題となることもあるようです。「我々のことを外国人だと分かっていても日本語で話して来て困った。」という意見もありました。(http://www.togenkyo.net/modules/tourist/31.html)もちろん言葉は一朝一夕にできるものではありませんし、そのことは相手も十分わかっているはずです。それでも片言の中国語のあいさつを覚えるとか、身振り手振りでコミュニケーションを取ってみるなど積極的に行ってみる価値はあるかと思います。そして「笑顔」。笑顔は言葉の壁を超えます。こちらがまずおもてなしの心を持つことが大切なのではないでしょうか。

歓迎

店員の対応

どこに行っても店員がとても勤勉で、真面目に対応してくれることに感銘を受けつつも、その対応が少し機械的に感じることがあるようです。『「お天気がいいですね。」「お忙しいですか?」といった決まった言葉を、相手が聞いていようがいまいが、言葉がわかろうがわかるまいが、繰り返している。』という感想を述べる人もいました。(http://www.mafengwo.cn/i/1308278.html)本来中国人はおしゃべりが大好きで、初めてあった人と会話が弾むこともしばしばです。そうやってコミュニケーションを取る中国人からすれば、日本人のこうした対応は少し寂しく感じるのかもしれません。大阪などでは「指さしシート」を準備して、観光客と積極的にコミュニケーションを取れるよう援助しているようです。(http://www.nikkei.com/article/DGXNASHD1802J_Y2A110C1LDA000/)たとえ片言の中国語でも、笑顔で身振り手振りを交えながらコミュニケーションをとれば、それが何よりのおもてなしになるのではないでしょうか。

店員の対応

相手の立場に立って考える

日本に来る中国人観光客は、当然日本の文化、そして日本人と触れ合いたいと思っています。しかし、ある観光地では「多くの和服を着た人がいて、写真を撮りたいと思ったのだが、ほとんどが中国人や韓国人だった!ちょっとがっかりした。」と中国サイトで感想を述べた人がいました。それに対してやはり中国人が「それは現地のアルバイトだろう」と回答しています。 (http://zhidao.baidu.com/link?url=XYTkNPaPN2EBSO7QbekAdrnQhqPNaLvGGmLDjSy1EVujl08UKasjx7wqCCRIbOEbcswwgOyquI7aXI7G-rDD1a) 恐らく実際は、レンタル着物で観光している観光客だったのではないかと推測されますが、でも彼らの気持ちが推し量れるエピソードだと思います。彼らは単に「和服」の写真を撮りに来ているのではなく、「和服を着た日本人」と交流すること、日本人による日本文化を味わうこと楽しみに来ているということです。そうした彼らの願望を満たしてあげられるようなおもてなしができたらいいですよね。何か企画する際は旅行の本質にしっかり立ち返り、相手の立場に立って考えたいものです。そのためにはまず、私たちお迎えする側の心構えを変えていくことが大切なのではないでしょうか?

着物

いかがでしたか?「中華人ががっかりした日本旅行体験」、がっかりしたと言っても、総じて彼らの日本に対する評価は高いものです。中華圏からの旅行客や買い物客は増え続けている事実もそれを裏付けています。でもだからこそもう一歩足を進めて、より充実した対応とおもてなしで彼らのニーズをしっかりつかみ、気持ち良い旅行をしてほしいと思います。中華圏は間もなく春節、長期休暇の時期です。今からしっかり対策を立て、万全の態勢でおもてなししたいものです。

Pocket

-Inbound

執筆者:

関連記事

no image

アジア最大のバカンスシーズン 春節(別名:旧正月)とは?

忙しい毎日を送っていると、たまの休みにはどこか息抜きに出かけたいものですよね。それは世界中どこの国でも同じです。日本だとゴールデンウィークやお盆休み、正月休みなど、どこの観光地も多くの人出で賑わいます …

歓迎

中華人が日本観光に求めるものー中華人のもてなし方を考える

年々増え続ける中華圏からの観光客。彼らが地域経済に及ぼす影響にはかなりのものがあります。是非ともこれら中華人観光客を呼び込みたいものですが、彼らはいったい何を求めて日本にやって来るのでしょうか?迎える …

歓迎

年間100人の中国人観光客と話して感じた、日本人としてのインバウンド事業の戦い方。

インバウンドはなんといってもやはり中国人でしょう。 訪日外国人観光客数の国別での1番は中国人ですし、1人あたりの日本での平均消費額の1番も中国人なのです。メディアでの中国人観光客へのネガティブな報道も …

no image

家族と出掛ける東京 9 日間 気ままな旅行記

日本政府観光局(JNTO)によると、2016年7月の中国人観光客は前年同月比26.8%増の73.1万人(単月としては、過去最高を記録)で、訪日外国人229.7万人中トップの31.8%を占めています。一 …

万里の長城

過激消費をする中華人とは?中国人、香港人、台湾人、シンガポール人の特徴

観光庁の調べでは、2014年の訪日外国人旅行消費の総額は2兆305億円で過去最高でした!観光業にとっては大きな波が押し寄せてきていると言えるでしょう。しかし、一概に旅行客といっても様々なタイプがいます …